良い転職は良いエージェントとの出会いから始まる

1人では見つからなかった求人も、誰かは見つけているかも知れない

そんな誰かを探すことが、あなたの転職への第一歩

 

どうして看護師専門の転職サイトを利用したほうがいいの?

看護師求人

 

病院の経営者が看護師を採用する際、大きく分けて2つの態度が存在しています。

 

① 採用コストをできるだけ低く抑えたい

② 採用コストをかけてでも即戦力となる良い看護師がほしい

 

①の考えを持っている病院経営者は「ハローワーク」や「ナースセンター」を主な採用媒体として利用します。

それらの機関は公共性が高く求人を出すのも採用後もコストがそれほどはかからないためです。

一方②の考え方を持っている病院経営者は民間企業である「看護師専門の転職サイト」を採用媒体に選びます。

そういったエージェントは営利性が高く求人を出すのは無料である機関もありますが、採用が決まるとマージンとして年収の20%~50%を受け取る仕組みになっています。看護師の平均年収は毎年470万円前後ですので、最低でも100万円近くを病院側は支払うこととなり、採用コストは非常に高いものとなります。

この仕組みを知ると自分が売り物にされたような感覚を覚える方もいらっしゃり、中には憤慨なさる方もおられるのですが、看護師の側からは非常にメリットが大きい仕組みだと言えます

まず、看護師側からの負担は一切ありません。利用料は公共機関であるハローワークやナースセンターなどと同様無料です。

次に、営利団体であるが故に受けられるサービスの質が段違いです。詳しい話は後述いたしますがそういったサイトに登録すると様々な特典やサービスが受けられるようになります。

そして何より、質の良い求人と巡り合える可能性が圧倒的に高いというメリットがあります。

看護師専門の転職サイトで募集をかける際には、先述いたしましたように病院側は多大なコストを支払うようになります。

公共の機関を利用すれば無料なのにどうして100万円単位のコストをかけるのでしょう?

答えは単純に良い人材が欲しいからです。

私も経営者の端くれですし、かつては会社員として採用に携わっていたのでよくわかるのですが、コストはかかっても転職サイトを利用したほうが人材の質は担保されているという実感があります。人を採用するにはコストだけでなく時間もかかります。普段の業務に加えて面接などを行うため、初めからある程度の人材に絞って行わないと本来の業務に支障が出る場合もあるのです。

さて、このことは経営者側の視点ですが採用される方にもこの点に大きなメリットがあります。

それは、言い方は悪いかも知れませんがコストをかけた分無理使いはしないという点です

当ページの最下部にあるように、日本看護協会が調べた看護師の離職理由第一位は肉体面の不調で、第二位は精神面の不調です。

看護師全体の50%近くが何らかの薬を服用しているという調査結果があるほど現在の労働環境は厳しいものがあります。

世間ではブラック企業が問題視されていますが、ブラック病院もかなりの数横行していると言えるのです。

そういったブラック病院は先ほどの「①採用コストをかけたくない」という考えを持っています。それはどうしてか?

次から次へと看護師が辞めていくからコストは割くだけ無駄だと考えているからです。そういった病院にとって看護師は使い捨ての消耗品にすぎません。

それでも経営が成り立つのは公共の職業安定所を悪用しているからに他なりません。

無料で手に入る何かに人は価値を置かないのです。

そういった医療機関に就職するのを避けられるという点でも看護師専門の転職サイトに登録するメリットは大きいと言えるでしょう。

そして何より、一部の離職率の低いかつ人気の高い医療機関は転職サイトにて非公開求人で募集されるという点は知っておいた方がよい知識だと思います。

可能ならば離職率の低い職場で働きたいと誰もが思うでしょう。同僚が辞めていくのが快感♪ という方でもない限りそれは正常な感覚です。

しかし、良い職場は離職率が低いためあまり頻繁には募集されない上に、公開で求人を出すと一気に応募が殺到してしまうために求人は非公開となっていることが多く、巡り合うことはなかな難しいと言え、そういった案件はハローワークなどの公共機関などで募集されることはほとんどなく、一部の看護師転職サイトでのみ募集されることがほとんどです

とはいえ、今や綺羅星のごとく乱立している看護師転職サイトの中には、ウソ求人の作成など悪徳な求人を助長する明らかな悪事に加担している所もある点には注意をしなければなりません

また、実際にあなたの助けになってくれる転職エージェントの質もマチマチです。

病院にも良い病院と悪い病院があるように、転職サイトにも良いサイトとお世辞にも良いとは言えないサイトが存在しています。

転職をする際には、できる限り質の高いエージェントのいる転職サイトに登録することが良い転職への第一歩と言ってよいでしょう!

 

日本の医療を支えているのは看護師だ!!看護師転職サイトランキング

 

「あなたを助けてくれる良いエージェントがいるのはどのサイトか?」という観点からおすすめの看護師転職支援サイトベスト3+1を紹介させていただきます。

 

第1位:人材の質No.1!リクルートのナースフル




ナースフルのメリット

転職エージェントの質が極めて高い

・給与面や福利厚生の充実した医療施設に強い

・希望すれば職場見学も可能

・電話以外にもメールでのやり取りが可能など対応が柔軟

・面接日時や条件面などの交渉を求職者と医療施設の間に入って調整してくれる

 

ナースフルのデメリット

・基本的に常勤での正規雇用をメインにしている為、非正規求人には弱い

・特定の地域(主に大都市圏)には強いがそれ以外は手薄

具体的には、

・首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)

・ 関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)

・ 東海(愛知)

・九州(福岡・熊本・大分)

と言った地域にナースフルは人的資源を投入し、力を入れています。その為、それ以外の地域で転職活動をされる方には2位以降にお勧めする転職サイトがおすすめです。

 

⇒ナースフルの体験談や評判などをもっと詳しく見る

 

button_002

 

 第2位:24時間いつでも対応!看護のお仕事



看護のお仕事のメリット

・24時間いつでも対応可能
・13万件を超える豊富な看護師求人数
・どの地方の案件にも強い!
・地域専任エージェントによる濃い情報の提供
・転職支援金が支給されることも
・求人が出ていなくても!独自機能「求人リクエスト機能」
・転職後の相談もOK!!

 

看護のお仕事のデメリット

 

・基本的には非正規雇用の対応はしていない

*派遣に関しては看護のお仕事派遣を設置

・管理職である看護部長や看護師長などの案件には比較的弱い

・大学病院や看護学校教員・治験コーディネーターなど一部弱い分野がある

button_007

⇒看護のお仕事の利用体験談や評判などをチェック

 

第3位:満足度No1!ナースではたらこ




ナースではたらこのメリット

 

・24時間電話対応をしている

・登録すると「転職マニュアル」がもらえる(数量限定)

・転職エージェントが熱心で、マッチングを重視した活動をするため利用者の満足度が非常に高い

・アフターサポートが充実している

 

ナースではたらこのデメリット

 

・以前はあった転職金制度がなくなってしまった
・非正規には対応していない
・求人数は9万件と他社に比べて少ない

button_010

⇒ナースではたらこについて更に詳しく見る

 

派遣やアルバイトを探すなら:MCナースネット




MCナースネットのメリット

 

・アルバイトや派遣など非正規雇用に関しては他を圧倒している

・日勤のみ、土日休み、ブランク歓迎と言ったママさんナースの強い味方

 

MCナースネットのデメリット

 

・18か所と拠点数がやや少なく、対応が厳しい地域がある

*九州は福岡のみ、四国は高松、東北は仙台のみなど

button_012

 

初めての看護師転職~至高の看護師求人を探そう~

 

看護師転職の際、特に初めての方が知っておきたい記事をまとめておきました。

看護師転職の失敗の原因の多くは活動前の準備不足にあるとも言えます。

特に自分が「どのような求人を探しているのか?」「どのような転職をしたいのか?」という部分をおろそかにしてしまうと、失敗の可能性は大きくなってしまいます。

 

知っておきたい看護師転職の基礎知識

 

初めての方もそうでない方も、知っておきたい基礎的な知識をまとめました。

 

 

看護師転職準備講座

 

いざ転職しようと思った時、必要な書類や想定される質問などをまとめました。

 

 

転職を失敗で終わらせない為に

 

転職は人生の岐路です。

後でこんなはずじゃなかったという事態を避ける為に知っておきたい知識のまとめです。

 

看護師の転職理由は何が多い?